スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルシャ湾クルーズ その6

resize3398.jpg

6日目(29日)はオマーンの飛び地であるハッサブというところに寄港。この日はオプションツアーに申し込んでいたので、頑張って早起きしました。朝日がまぶしい

resize3603.jpg

ここもマスカット同様、岩山に囲まれた場所です。高いものだと富士山より高い山もあるそうです。

resize3500.jpg

案内によれば、「アラブ首長国連邦によって、オマーン本土から切り離されたムサンダム半島に位置し、ムサンダム地方の中心の町。小さな町だが、ホルムズ海峡に接する軍事拠点のため、ここ10年で急速に近代化が進んだ。町自体はこれといって見所はない。ここからは、ムサンダム地方のハイライトでもあり、”中東のノルウェー”とも言われるシム・ガルフ(Shim Gulf)に行くフィヨルドツアーがオススメ。湾が断崖の奥まで深く入り込んだフィヨルドが20キロも続く」とのこと。

一人69ユーロ、4時間程度。今回のクルーズで初めて参加したオプションツアーです。

フィヨルドツアーは、ダウというアラブの伝統的な木造船に乗って行います。実物を見て、その大きさにビックリしました。もっと小さいものかと思ってたんだけど、150人くらいは乗れそうな船でした。

resize3355.jpg
resize3362.jpg

中は椅子じゃなくって座布団が敷いてありました。
resize3353.jpg

モハメド船長↓。ガイドの名前もモハメド。
resize3421.jpg

船上では、飲み物やフルーツ、デーツなどが色々振舞われました。69ユーロも払ってるからなんでしょうが、正直コーヒーとかデーツは美味しくなかった。ガイドさん曰く、デーツはサウジアラビア産が一番なんだけど、消費中心地のドバイから遠く、マスカットは二番目に良いんだけどやっぱりドバイから遠いので、ドバイに近いここハッサブ産のデーツがベストなのであるとか。休憩時間にはしっかりデーツの販売もやってた。

ここはイランから55キロしか離れていないので、イランとの交易が盛んだそうです。クルーズ船の隣にもイランから来た船が停泊してました。クルーズ中は外界から遮断されるので、まさかちょうどこの頃にイランがミサイルを撃ったとか、ホルムズ海峡を封鎖するかも知れないなんて動きがあったことは、全く知りませんでした。

途中、イルカが何度も現れました。

resize3375.jpgresize3408.jpg

折り返し点である、電信島(Telegraph Island)で30分ほど休憩。1860年代にイギリスが敷設した通信ケーブルの基地があることから電信島と呼ばれているそうで、廃墟が残っていました。島に上陸するわけではなく、泳ぎたい人はどうぞ、ということで、それ以外の人はただ船上で時間を潰すだけ・・・。水着持って来てなかったし、そもそも寒そうだったしさ。エメラルドグリーンの海水が綺麗でした。熱帯魚みたいな魚が一杯いた。

resize3436.jpg
resize3447.jpg

確かに切り立った岩山が直接海岸に落ちているという風景は感動しましたが、ちょっとツアー時間が長すぎたかな?だって、ずっと同じ風景ばっかりなんだし。行きと同じ風景が帰りもずっと続くだけ。

resize3406.jpg
resize3502.jpg

この日のディナーはフォーマル指定。でもディナー前のタダ酒はなし。
メニューにはデザートが幾つか選べるかのように書いてあるけど、この日は強制的にある一つのデザートにさせられました。イタリア祭りの日もそうだった。強制ならメニューにそう書けば良いと思うんだけどね。違うデザートを頼もうとしてウェイターに却下されることって、面白い体験ではあります。

resize3555.jpg

夕食後は、カジノに再チャレンジしてみました。スロットしかしてないんだけど、当たりまくってビックリ!
元の掛け金が少ないので儲けも絶対額じゃたいしたことないんだけど、10ユーロで65ユーロなら上出来。前回スッた10ユーロを足しても3.25倍の回収率。ホントはもう少し勝ってたんだけど、欲を出し過ぎて目減りしちゃった。

12時を過ぎる頃、屋上で新年ビュッフェが振舞われました。まだ新年まで2日あるので気が早いように思ったけど、明日寄港するドバイでは船に戻ってこないでドバイ市内で過ごす人もいるそうなので、前倒しでやったそうです。

resize3567.jpgresize3579.jpgresize3584.jpg

その後、ゲームセンターでちょっと遊び、ディスコ(子供の溜まり場)で1杯飲んで部屋に戻りました。

resize3592.jpg

気付くとクルーズ終了まであと2日。時間が過ぎるの早いです。


読んで頂き、ありがとうございました! スロットは楽しい!
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ペルシャ湾クルーズ その5

クルーズ5日目(28日)はフジャイラ(Al Fujairah)という場所に寄港。案内を読むと、「美しい海岸線が続き、ドバイなどからのダイビングツアーのメッカ。市内にはこれといった見所はありませんが、周辺には美しいビーチリゾートが点在」とのこと。なんかあんまりそそられないなぁと思い、オプションツアーも検討しましたが、結局この日は終日船内で過ごすことにしました。

中東といえば砂漠、ということで、砂漠を4駆で駆け巡るツアーを今回のクルーズでとることを考えたのですが、他の寄港先では他の過ごし方を選択してしまい、残る可能性はここフジャイラしかありませんでした。時間も全部で4時間程度とそんなに長くないし良いかなと思ったのですが、エクスカーションデスクの人に聞くと「オススメしない」とのことだったので止めました。なんでも、片道1.5時間ずっと4駆に乗ってなきゃいけないので疲れるというのが理由。聞いておいて良かった。

というわけで、この日は特に何をするわけでもなく船内で過ごしたので、写真もとくにありません。代わりに、船内の風景を少しアップします。

劇場↓
resize3301.jpg

カジノ↓
resize3304.jpgresize3308.jpg

レストラン(のうちの一つ)
resize3290.jpg

resize3295.jpg

ラウンジ↓
resize3292.jpgresize3302.jpgresize3297.jpg

ディスコ↓
resize3288.jpg


読んで頂き、ありがとうございました! 
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ペルシャ湾クルーズ その4

resize3206.jpg

4日目となる27日(火)は、オマーンのマスカット。正確には、マスカットの中心地区の一つであるマトラ(Mutrah)にあるカブースという港に寄港しました。

接岸先はまたしてもコンテナヤード。ここマトラは小さい町なので、ココ以外に接岸する場所が無いようですが。

resize3331.jpg

港町の周囲は小高い岩山に囲まれています。この先寄港する場所も、殆どが岩山に囲まれてました。

resize3286.jpg

↓は一体何だったのか。モスクぽい感じもしたけど、分かりません。

resize3282.jpg

ここマトラの見どころは、「アラビア半島随一のマトラ・スークと海岸沿いの古い家並み」だそうで、港から海岸沿いに徒歩で十分観光できるということだったので、頑張って午前中に下船して観光しました。

ダウ(アラブの伝統的な木造船)。
resize3266.jpg

真正面、丘の上に建っているのはNakhl Fort(ナキール砦)↓。観光ポイントの一つらしいですが、私達は行きませんでした。

resize3215.jpg

海岸沿いの風景その1↓。

resize3223.jpg

海岸沿いの風景その2↓。イルカはこの辺に一杯いるようです。ここだけじゃなく、他の寄港先でもイルカを見るオプションツアーがありました。

resize3214.jpg

街並み↓。「古い街並み」という触れ込みでしたが、海岸沿いを歩く限りではモロッコとかと何も変わらないような気がした・・・。

resize3217.jpg

マトラ・スークに到着。港のゲートから歩いて10分弱です。

resize3230.jpg

スーク内部。売ってるものとか、スークの規模は、正直言ってたいしたことありません。エジプトとかモロッコのスークの方が遥かに広かった。ここのスークの見所は、天井の装飾だと思います。

resize3239.jpgresize3242.jpgresize3248.jpg

特に欲しいものないなぁと思ってたけど、結局サンダルを一足だけ買い、あっという間に船に戻って来ました。なので昼はジムでここ数日のカロリーの放出を。

resize3344.jpg

この日のディナーは、イタリアンフェスタ。なんでも、イタリアが現在の国の形になって2011年で150周年記念だそうで、イタリアの会社であるこのクルーズ船(船籍はバミューダ)でもこれにかこつけてイタリア祭りの日を設けているそうです。服装はインフォーマル指定だけど、男性はイタリア国旗の色である赤、白、緑の何れかの色を身につけるようにとの指定が。実際には、そんなの守ってる人はほとんどいなかったけど。

resize3310r.jpgresize3311.jpg

サルディニアのワインがあったので、今日はそれを注文しました。サルディニアは料理もワインも美味しいので、機会があればまた行きたいな。

resize3313r.jpg

この後、せっかくイタリア祭りだというので、ラウンジに移動してリモンチェロを飲みました。ナポリの香りです。

resize3320.jpg

去年の地中海クルーズでは、日が過ぎるにつれて船内のショップがどんどん値引きしていったんだけど、今回は待てど暮らせど値引き幅が増えなかった。。。ま、そんなに買いたいものも無かったから良いけどさ。

読んで頂き、ありがとうございました! アラビア半島随一のスークはちょっと残念でした
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ペルシャ湾クルーズ その3

12月26日(月)は、昼過ぎにアブダビを出港し、オマーンのマスカットまで終日洋上で過ごしました。

気温は23度前後。ちょっと風が冷たかったけど、太陽に釣られてこの日は殆どの時間をプールサイドで過ごしました。乗客を飽きさせないようにする為のイベントが目白押しなので、一日居ても飽きません。

resize3156.jpg

resize3165.jpg

元々イタリアのクルーズ会社の船なので、イタリア人が多いのはしょうがないのですが、今回はイタリア人の率が異常に高かった。70%以上はイタリア人だった気がする。後はドイツ人とインド人。イギリス人は今回少なかった。日本人も何組かいたかな。地中海クルーズではインド人を見なかった。

resize3154.jpg

この日のディナーはフォーマル指定。でも地中海クルーズの時よりもフォーマル率が悪かった気がする。襟さえ付いてりゃ良いんでしょって感じなのかな。今回も、タキシードを着た相方が支配人にしか見えない。Captain Gala Nightの日は、ディナーの前にラウンジでタダ酒が振る舞われるので嬉しい。

resize3178.jpg

ディナーの後、シアター入り口で船長と握手&写真撮影があり、それからシアターでクルーの紹介。この辺は前回のクルーズと同じ流れ。船長は小柄で痩せてて、傍から見ると今にも倒れそうな感じがするほどだった。

resize3189.jpg

その後、演劇鑑賞。今回のクルーズはシアターの出し物が毎日殆ど一緒だったのが残念。

resize3191.jpg

この後は、カジノに寄ってスロットをちょっとやったけど、あっという間にスッてしまった。。。


読んで頂き、ありがとうございました! 船内カジノのスロットは、当たる台が決まっています
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ペルシャ湾クルーズ その2

resize3116.jpg

前回から大分時間が空いてしまいました。クルーズ中、ネット環境になかったもので。。。。
しかも、帰国後もダラダラゴロゴロしていたので。。。。

25日の平日をアブダビ市内で過ごした後、夕方に乗船。
resize3086.jpgresize3089.jpgresize3093.jpg

resize3141.jpg

夕食の後、シアターで演劇を鑑賞し、船内を散策。

resize3101.jpg
resize3109.jpg
resize3122.jpg
resize3143.jpg
resize3153.jpg

アブダビ港の夜景↓。コンテナヤードのあるCommercial Portの一角に接岸しているので、周囲はコンテナ船ばっかり。昼間はあんまりナイスな風景じゃない。

resize3115.jpg

船尾最上階にあったパットパットゴルフ。去年夏のクルーズ船でも、ゴルフシミュレーターと言いながら実際あったのはパットパットゴルフ場だった…。

resize3125.jpg

最初の晩に寝たのが3時過ぎだったせいか、クルーズ中はずっと夜寝れない状態に悩まされました。

明日はずっと洋上です。

読んで頂き、ありがとうございました! クルーズって楽しい
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ペルシャ湾 クルーズ その1


昨日の夜中にアブダビで船に乗り込みました。夜中の2時過ぎにご飯を食べて、今回のクルーズも太る予感

アブダビ市内のスーク






読んで頂き、ありがとうございました!
今回の旅は、体重の増減3キロまで!が目標です。
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへにほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

2011年の冬休み


気付いたら、今週末はクリスマスでした。時間が過ぎるの早いです。

今年の英国のカレンダーはすごく良くて、12月最終週は28、29、30日の僅か3日だけが平日となります。
そのせいか、結構外人でも来週は休みを取る人が多いようです。日本と違い、英国の場合普通はカレンダー通りの年末のスケジュールになるので(=12/25日、26日、1/1日の3日間だけ休み)、相方の会社の外人は年末特に休暇を取らない人が多いようです。わざわざ高い時期に旅行へ行く必要ないしね。今年は26(月)、27(火)が休みなのに加えて、1月2日(月)も休みなので、28~30日の3日間を休暇に充てるだけで、10連休になるというバラ色の年末!らしい。

我が家も、年末どうするか色々考えました。最初の年(2008年)は、スペインの南海岸(Costa Del Sol)に太陽を求めて行ったものの雨に祟られ、欧州では暖かいところはないと分かった2009年はエジプト+フロリダ+バハマに行って、確かに暖かかったものの移動の連続にダウンしてしまい、2010年は相方の仕事の都合で12/31に出社しなきゃというのでポルトガルのAlgarveにShort Tripしたらまたしても雨に祟られ。今年はどうしようかと悩んだけど、ヨーロッパじゃどこに行っても暖かくは無いことを過去3年で痛いほど経験した一方、昨年の夏に行った地中海クルーズが楽しかったので、今年の冬は結局もう一回クルーズに行くことにしました。行き先は、暖かそうというだけの理由で中東に。

ただ、相方は最後まで渋ってて。理由は船の大きさだそう。。。。

これが去年夏のクルーズで乗った船(MSC Musica)。

resize3071.jpg
(MSC HPより)

これが今回乗る船(MSC Lirica)。

resize3070.jpg
(MSC HPより)

見た目じゃ何も変わらないので別に良いじゃんと思ったのですが、どうやら大きさが倍半分くらい違うらしい。

それから寄航先で何をするかの検討を始めたのですが、どうやら中東に行っても我が家では行きたいor観光したい場所なんて特に無いことに気づいてしまって・・・。もうクルーズ料金全額を払い込んでしまった以上、もはや引き返せないのですが、中東ってそそられるものがあんまり無い

凹んでいても仕方ないので、とりあえずドバイだけでも何とかしようと思い、ガイドブックなどを色々調べた挙句、ブルジュ・ハリファという世界最長のタワーに行ってみたいという相方の熱意に押され、そこを軸に観光することに決めました。

でも、甘かった。ブルジュ・ハリファのホームページで入場券を予約しようと思ったんだけど、行きたい時間帯はもうとっくに埋まってました。。。

ブルジュ・ハリファといわれても何が何だか良く分かりませんが、とにかく世界で一番高いタワーだそうです。高さ1キロメートル近くもある。最上階だと、太陽が地平線の向こうに沈んだ後でもまだ太陽を見ることが出来るそうです。だから、ラマダンの時は地上の人よりも2、3分程度長く断食しなきゃならないんだとか。下層階はアルマーニホテルだそうです。中東人って、アルマーニとか好きだもんなぁ。

resize3069.jpg
resize3068.jpg

希望の時間帯は全滅だったけど、現地で入場券を買うよりも事前にネットで予約しておけば1/4の安さで済むと聞き、結局13:30のタワーを予約しました。

このタワーの周りには世界最大のショッピングモールや水族館もあり、16時以降はこれまた世界最大の噴水ショーとやらもあるそうなので、まあここに居れば一日何とか過ごせるかな、なんて。

でも、残りの寄航先についてはどうにもしようが無い。。。ま、行けば何とかなるかな。

で、1月1日はアブダビでゴルフの初打ちをすることにしました

場所はYas Linksというところ。2010年オープンと非常に若いゴルフ場ながら、既に世界Top 100にランクインしているコースで、コンセプトはその名が示す通り、スコットランドやアイルランドのリンクスコースだそうです。The GroveKingsbarnsDundonaldなどの超有名コースを設計したKyle Phillipsというアメリカ人デザイナーの手による最新作です。僅か数年前はまだ砂漠だった場所をリンクスコースに変えてしまったそうで、元々の地形をそのまま活かしたのか、それともKingsbarnsのようにブルドーザーを使って跡形も無いほど地形を変えてしまったものなのか分かりませんが、中東で最初のリンクスコースで、バンカーの砂はドイツから取り寄せた珪砂と地元の砂漠の砂を混ぜたものだそうです。

resize3073.jpg

金持ちの国で贅を尽くされたゴルフ場がどんなものか、今から楽しみです
料金は一人およそ140ポンド、レンタルクラブは一人凡そ35ポンド。今回はクルーズ主体なので、クラブはレンタル。

天気良いといいな


読んで頂き、ありがとうございます!
応援のクリックお願いします→にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

いろリん

Author:いろリん
LONDONに来て4年目。
毎週2回はラウンドしてる主婦ゴルファー。
もともとの運動不足のせいか、手や腰がしょっちゅう痛いです(ー_ー)!!
なかなか上達しないけど、しつこくやってます♪

ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします↓
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ にほんブログ村 ゴルフブログへ

カテゴリ
表示中の記事
  • 旅行
by AlphaWolfy
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1551位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
87位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
Blog friend list

まるちゃんゴルフ (^^)/
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。