スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aldeburgh Golf Club

Embulm.jpg

先週の土曜日(21日)は、Aldeburgh Golf Club(68位)のChampionship Courseでラウンドしました。オールドバラと読むようです。

場所はSuffolkで、ロンドンからクルマで2時間半、170キロと、かなり遠い(↓の地図で赤地のA)。

resize4064.jpg

このエリア(Suffolk、Norfolk)にあるゴルフ場は、2 ballが標準フォーマットとなっているところが多いようです。このゴルフ場もその例に漏れず2 ballコースで、2ボール4サム(2人が交替で打つ)を推奨しています。2ボール4サムの場合は2ボールシングルに比べて少しだけ料金が安くなってます。

2 ballコースということで、18ホールの標準ラウンド時間は3時間以内と設定されています。
レディースは5,804ヤード、Par 74(SSSも74)。男性はフルバックで6,603ヤードPar 68(SSS 73)。

3月末までは冬料金で一人60ポンド(週末料金)。夏料金が80ポンド(週末)なので、夏と冬で料金はそれほど変わりません。予約は電話で行いますが(メールでも可能)、応対がものすごく親切丁寧で相方は感動したそうです。近くのレストラン情報とか、すごく一生懸命にいろいろと教えてくれたそうです。

クラブハウスに到着。因みに途中の道路に看板とか案内は一切ありません。気付かず通り過ぎてしまうかも。

DSCF0278aldeburgh.jpg

1884年に出来たこのコースは、イングランドで2番目に古いヒースランドコースで、J.H.TaylorやHarry Coltといった有名どころのデザイナーの手が入っています。かつてはフェアウェイが狭く、ラフ(Gorse)が厳しいという評判で、もしショットが曲がってしまったら、迷うことなく次のボールをバッグから取り出すだろうと言われていたそうです。あまりに難しいため、数年前から改修が行われ、Gorseを減らして難易度を調整したそうです(その代わり、ガードバンカーを増やした)。そのせいか、確かにバンカーは多いものの、フェアウェイは結構広く、またヒースも殆ど(全く)無かったので、曲げた=ロスト、というわけじゃなかったです。

ヒースランドですが、北海に近く、またAlde川の河口にも近いことから、リンクスの雰囲気も味わうことができます。いや、とにかく風が強かった。曇天(雨)のせいかとも思ったのですが、快晴になった翌日もやはり強風だったので、天気とは関係なく、このあたりは風が強そうです。

スタート前、虹が出ていました↓。

DSCF0283aldeburgh.jpg

スタート直前からほんの少し雨が降り始めたのですが、1番ホールのティーショット直後から豪雨になり、しばらく雨宿りしました。その後も前半は雨が強くなったり弱くなったり。後半は太陽が出てきました。

1番ホールからの風景↓。フェアウェイの両端にこんもりと森のようになっているのがGorse(ハリエニシダ)です。18ホール全てにありました。ただ、フェアウェイは広いので、大きく曲げなければ大丈夫です。

DSCF0284aldeburgh.jpg

これがGorse↓。バラみたく枝に棘があるので、ここに打ち込むとボールは探せません。

DSCF0292aldeburgh.jpg

遠方に見えるのはAlde川↓。

DSCF0306aldeburgh.jpg

今回悩まされたのは強風とグリーン。3番手くらいは平気で変わるし、グリーンは見た目黒くて重そうなのに、すっごく速いし、見た目だとアンジュレーションなさそうなのにキュッと切れる。例えば4番 Par 3は打ち上げ&グリーンが手前バンカー方向に傾斜&グリーンの周囲がぐるっとバンカーというホール。雨も降ってたし、強風だし、グリーンは読めないしで大変でした。

DSCF0302aldeburgh.jpgDSCF0299aldeburgh.jpg

後半は↓の通り快晴になりましたが、強風だけは最後まで変わらなかった。

DSCF0316aldeburgh.jpg


実は、今回こんな遠い場所まで来た理由はオイスターでした。イギリスでは9月~3月がオイスターのシーズンだそうです。なので、日帰りじゃなくここに一泊することにしましたが、この時期なのに近くのホテルはどこも空室が無い&料金が高くて困りました。Suffolkは、ゴルフという意味ではマイナーなエリアですが、観光地としてはまあまあ有名なようで、海岸部は英国の傑出した自然美地域に指定されているそうです。だから夏は大変混雑するそうなのですが、今は冬。なんで?

なんとか前日に確保したホテルで一休みし、いよいよお待ちかねのオイスター!!と思ってお目当てのレストランに電話したら、なんと予約で埋まってるとの返事。もう一つ、距離は遠いけど念のためにと探しておいた別のレストランに電話したら、電話に誰も出ない。。。

悩んだのですが、リスク覚悟でその2番目のレストランに向かうことにしました。が、街燈も何もなく、行けども行けどもひたすら狭い田舎道で、街なんて何にも見えない。約20キロの行程がすっごく長く感じました。

運よく、レストランは空いていて、開店直後ということもあり座席もありました。

DSC00904aldeburgh.jpg

注文したのはこのレストランが近くのButley Creekで養殖しているButley's Oysterと、スモーク盛り合わせ(タラコ、サバ、マス、海老など)、そしてムール貝。スモーク盛り合わせはウナギをおまけしてくれました。

DSC00891aldburgh.jpgDSC00896aldeburgh.jpg

どれも美味でした。地元Suffolkの白ワインも美味しかった。いやぁ、遠路はるばる来て良かった。

The Butley Orford Oysterage
住所はホームページに記載されていませんが、Orfordという村の真ん中にあるので、多分それほど迷わず見つかるはずです。目の前が大きな駐車場になっていますので、多分駐車も困らないはず。B1084(フロント・ストリート)の南端にあるThe Kings Head Innというレストラン(ホテル)が目印で、そのはす向かいです。確か、マーケット・スクエアという場所。

DSC00889aldeburgh.jpg



読んで頂き、ありがとうございます♪

応援のクリックお願いします→にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろリん

Author:いろリん
LONDONに来て4年目。
毎週2回はラウンドしてる主婦ゴルファー。
もともとの運動不足のせいか、手や腰がしょっちゅう痛いです(ー_ー)!!
なかなか上達しないけど、しつこくやってます♪

ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします↓
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ にほんブログ村 ゴルフブログへ

カテゴリ
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • Aldeburgh Golf Club
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2012年01月23日 (月)
  • 22時23分01秒
by AlphaWolfy
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1522位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
89位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
Blog friend list

まるちゃんゴルフ (^^)/
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。