スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Royal Ashdown Forest Golf Club Old Course


今日はBonfire Nightの日ですね。

ウチの向かいの建物にはとってもキレイなCommunal Gardenがあって、毎年Bonfire Nightの日には盛大な花火が打ち上げられます。そこだけじゃなく、色んなところで花火が上がり、ウチの周りは非常に混みます。

相方も今日が花火の日ということは知ってましたが、今日は花火観賞ではなく、ゴルフに行くことにしました。
今日行った場所はRoyal Ashdown Forest Golf ClubのOld Course(89位)。

場所はココ。って、また南じゃん!! しかもSurrey州よりも更に南のEast Sussex州!。
アンティークの街ルイスまであとちょっとじゃん。

最近、相方は直前まで予約したゴルフ場の名前と場所を言わなくなりました。テムズ川の南ということを言いたくないからです。

RAF.gif

ウチからだとA23/A22を使って約60キロ、1時間半。

今年夏のCrea Traveller(英国特集)で紹介されていたAshdown Park Hotel & Country Clubがこのコースのすぐ南にあります。

今日の天気は、つい2日前まではHeavy Rainという予報でしたが、昨日になって急に雨のマークが無くなりました。さすがにHeavy Rainではやりたくないよね。

とは言え、朝から曇天。行きは高速道路を使わずひたすら下道を通って向かったのですが、途中はすっごい霧で、こりゃ一面ミルキーで何にも見えないゴルフになりそうだと思い、かなりテンション↓。

幸い、East Sussex州に入った当たりで霧はなくなりました。良かった良かった。

このゴルフ場は、街中からちょっと入ったすぐのところにあります。写真写りが悪くて見えにくいですが、これが看板。

DSCF9233.jpg

ロイヤルという名前を冠している割に、最初に受ける印象は「ここ、パブリック??」。言葉で説明が難しいのですが、行ってみればなんとなく分かってくれるんじゃないかな? ↑の看板の場所からクラブハウスまでの間の道のりがそんな感じなんです。

これがクラブハウス。

DSCF9235.jpg

プロショップは裏手にありますが、これがまた、何というか、Basicな感じです。

DSCF9240.jpg

料金はちょうど11月1日から冬料金になっていて61ポンド。それまでは81ポンドでした。1ポンドという中途半端な数字の理由が分かりません。相方は冬料金になるのを虎視眈々と待っていたそうな。なるほど、それでこの時期なのか。61ポンドというのは週末料金で、平日はもっと安くて46ポンドです(夏料金だと66ポンド)。

ちなみにここはOldの他にWest Courseというのもあります。そちらはグッと安くなってます(冬料金で平日20ポンド、週末26ポンド)。

Old Courseのストロークセーバーです。他のゴルフ場のに比べると非常に小さく(半分くらいの大きさ)、ちょっと安っぽいかな?。でも、ロイヤルというだけあって、↓の通りクラブのマークには王冠が書かれています。

DSCF9239.jpg

ショップで売ってるグッズにもこの王冠が書かれています。カワイイかも。

ところで、ロイヤルというのは当然ながら英国王室のことを指しますが、ゴルフ場の名前にロイヤルを冠しているのは全世界で68か所あり、そのうち英国には42か所あったそうです(42か所のうち、5か所はもう存在していません)。このうち、英国&アイルランドのランキング100位内に入ってくるのは下記14か所です。我が家はこれまでに5か所行ったことがあります。

- Royal County Down(北アイルランド)
- Royal Birkdale
- Royal Portrush(北アイルランド)
- Royal Dornoch
- Royal Liverpool
- Royal St George's
- Royal Lytham & St Annes
- Royal Troon
- Royal Aberdeen
- Royal Cinque Ports
- Royal Porthcawl
- Royal St David's
- Royal West Norfork
- Royal Ashdown Forest

ロイヤルという名前が冠されているゴルフ場は、王室御用達(ワラント)であることを意味します。最初にロイヤルのステータスを認めたのはウイリアム4世で、1833年のことでした。その翌年、セントアンドリュースがロイヤルのワラントを請願し、産まれたのがR&A (Royal & Ancient)。

相方は確かにこれ以上のゴルフ場制覇は「もういいや」という気持ちらしいのですが、ここはロイヤルという名前が付いていることを理由に、行っておきたい場所としてずっとリストアップされていたそうです。まぁ、どうでも良いですけど、男の人ってなんでこういうのに拘るんでしょうかね?

予約時間は10:30だったのですが、今日は週末にも関わらずガラガラだったようで、「いつでも好きな時にスタートして良いよ」と。確かに前には誰もおらず、今日は前後を気にせずラウンドできました。

このコースは、ゴルフ場の名前にForestと銘打ってあるだけあって、完全なWoodlandです。そういう意味では日本のコースに似てなくもないですが、一つ大きな相違点があります。Surrey州と同じく、ヒースがふんだんに用意されています。ヒースって、Surrey州だけじゃなかったのね…。確かに、West Sussex州にあるWest Sussex Golf Club(ここは相方のオススメNo.2です)にもヒースがメチャクチャあったかも。

また、このコースにはバンカーが一つもありません。正確に言うと、砂のバンカーが無いということです。バンカーが無いコースはこれまでに、BedfordshireにあるLuton Hoo(奇遇ですが、↑で言及したAshdown Park Hotel & Country Clubと同じElite Hotels Group系列です)と、Berkhamsted Golf Clubの2か所に行ったことがあり、正直それほどの感動はありませんでした。

だけど、ここは↑の2つのコースとはかなり違ってました。とっても難しいです。

まず、実際の表示よりも距離があります。ナイスショットしても、フェアウェイに届かないこともしばしば…。
Ladies Teeで5550ヤードと、全長は長くないのですが、殆どがアップヒルだったことと、風が結構あったことが理由だと思う。

次に、バンカーが無い代わりにヒースやディッチなどのハザードが巧みに配置されていて、視覚的にもグリーン周りがどうなってるか分かりにくくなるように設計されており、2オンが難しい。ホント、いっそのことバンカーがあってくれた方が良いなと思ってしまうくらい。

で、やっとこさグリーンに乗せても、傾斜が分かりにくい。この日は明け方までの雨と、朝方の霧のせいでグリーンがとっても重かったというのもあったんだけど、それを差し引いても難しかった。

最初にパブリックと思ってしまった私が間違ってました。確かにロイヤルです(って、何がどうロイヤルなんだ?)。

Golf World誌が1982年に初めてゴルフ場ランキングを発表して以来、今まで一度も100位圏外に落ちたことが無いそうです。

1番Par 4のグリーン。奥の建物は民家です。コースのあちこちに民家がありました。犬を連れて散歩している人もホントに多かった。

DSCF9300.jpg

2番ホール(Par 4)のティーグラウンド。紅葉がキレイですが、もうかなり落葉してしまっていて、そのせいでティーを探すのが大変。

DSCF9244.jpg

これは2番ホールのフェアウェイですが、芝生が露で濡れているのが分かりますか。お陰でボールはランが殆ど出ません。あと、写真じゃ分かりにくいですが、平坦なように見えてこれが結構リンクスコースなみにアンジュレーションがあって難しいです。

DSCF9245.jpg

これは4番ホール(Par 4)。ティーショットは150ヤードも打てば十分フェアウェイに届くのですが、向かい風とアップヒルのせいでナイスショットにも関わらずボールはフェアウェイギリギリ。ヒースに捕まらなくて良かった。

DSCF9247.jpg

↓は7番Par 4のグリーン側からティー方向を見た写真。

DSCF9250.jpg

これは8番Par 5。ガードバンカーの代わりにヒースの土手があるの分かりますか?

DSCF9252.jpg

相方は↑の写真で見える手前側のヒースに捕まってました。これは真上から見た図。ボールが見えますか? 相方はヒースに入ったボールを探すの上手です。よくこんなの見つけられるなぁ。

DSCF9253.jpg

これは斜めから見た図。グリーン方向は左下です。
驚くことに、相方はこんなヒースでもグリーンに乗せてきます。ヒースに何度もハマっているうちに、いつの間にかマイスターになった様子。そういや、フェアウェイよりもラフから打つ方が上手かもな。

DSCF9254.jpg

同じく8番ホールのグリーン。ピンが異常に長い…。普通の長さだとフェアウェイから見えないんです。このホールだけじゃなく、チョコチョコあったな、のっぽピン。

DSCF9256.jpg

9番Par 3。距離は短いですが打ち上げで、グリーンも手前に向かってきつく傾斜しています。ピンの奥とか横に置くとエライ目に遭います。何としても手前に乗せないといけません。

DSCF9262.jpg

10番Par 5の2打目地点。遠いです。

DSCF9264.jpg

3打目地点まで歩いている途中、右を見ると遠くにクラブハウスが。このコースはリンクスコースのように、一旦スタートしたら18番まで戻ってこれません。10番ホールは標高的にも一番高い場所のようで、見晴らしが良かったです。それにしてもクラブハウスまで遠い。

DSCF9266.jpg

11番は打ちおろしのPar 3、なんと249ヤードもあります。

DSCF9269.jpg

これがその風景。そもそも遠いのに、回りはびっしりヒースで覆われているのって、どうよ? やり過ぎじゃない?

DSCF9267.jpg

13番Par 4。これまた150ヤードも打てばフェアウェイに届くはずなのに、結構アップヒルになっていて、ギリギリフェアウェイに届いて良かった~、と思ってたら、ボールはコロコロと坂を転げ落ち、ラフまで…。2打目も打ち上げで180ヤード以上あるし、パーオンなんて出来る訳ないよ。 このホールのピンも普通の1.5倍くらい長かった。

DSCF9281.jpg

これは15番Par 4のグリーン周り。ヒースの盛り土のせいで、グリーンの周辺がどうなってるのか目視できません。普通のバンカーの方がナンボもマシ。

DSCF9286.jpg

17番Par 5。今日イチのドライバーショットが出ました!!。

DSCF9289.jpg

同じく17番。奥に見えるのがグリーン。見た目よりも結構距離があって、まだまだ遠いです。

DSCF9292.jpg

そして最終18番Par 4。正面の建物はクラブハウス。打ちおろし&打ち上げのコースですが、毎度のごとくフェアウェイまでが遠くって、ドライバーでちゃんと当たったのに、フェアウェイまで届かずボールは無情にも正面のヒースに…。せっかく気持ちよく終われるかと思ったのに…。

DSCF9294.jpg

DSCF9295.jpg

スコアは、、、93。 Par 73だから、1打差し引いて92ということにしとこ、と言っても嬉しくない。パーが6回あったけど、ダボ6回、トリ1回じゃダメだなぁ。

ラウンドが終わったのは14時ちょっと前。結局今日はずっと曇りの天気だったけど、雨が降らなくて良かった。

道路が混むとイヤだから早くテムズ川の北に移動しようと思ってたんだけど、ゴルフ場を出てほどなく目に付いたパブ風のレストランに急遽入ることにしました。これが当たり!!。

DSCF9310.jpg

Mountain Range Restaurant - The Swan
Lewes Rd
Forest Row RH18 5ER
0134282 2318

2コースのランチを頼みましたが、ボリューム、味ともにGoodでした。

スターター、私はポテトとホワイトオニオンのスープ(Soup of the Day)、相方はイノシシのテリーヌ(Wild Boar & Red Wine Terrine)。

DSCF9307.jpg

メインは2人ともLunchitime Hot Rocksという品。熱した花崗岩の上で、自分で肉と野菜を焼く!!
私は牛肉、相方は羊をチョイス。

これがそれ。

DSCF9308.jpg

この国で自分で手を加えて食べる料理というのはあまり経験なかったので面白かった。味もGood!。

DSCF9309.jpg

これで£11.25は安いです。ランチメニューはこちら

ウェブサイトを見ると、Mountain Range Restaurantというのはイギリス南部のWest Sussex州、East Sussex州、Kent州にそれぞれ一軒ずつお店を構えているようです。どこも雰囲気良さそうです。

帰りは高速道路を使おうということで、M23→M25→M4というリレーで市内まで戻って来ました。私はずっと寝てたので分かんなかったけど、どこも混まず順調に戻ってこれたそうです。

これで本当にテムズ川より南のゴルフ場は最後、だそうです。どこまで本当か分かりませんが。
いやぁ、本当に難しいコースだった。足がクタクタだ。



読んで頂き、ありがとうございます。
応援のクリックお願いします→

スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

長編大作、お疲れ様です。
読み応えがありました。
ゴルフしながらこれだけ写真を撮るってのはスゴイね。
冬になってラウンドの頻度が減ってきたら、是非過去に行ったゴルフ場の記事も書いて欲しいね。

Re: No title

長文でスミマセン。。。。
写真は、今回はほぼ私が撮った物じゃないでーす。
最近は、昼間も薄暗くてiPhoneだときれいにとれないことが多いです。
プロフィール

いろリん

Author:いろリん
LONDONに来て4年目。
毎週2回はラウンドしてる主婦ゴルファー。
もともとの運動不足のせいか、手や腰がしょっちゅう痛いです(ー_ー)!!
なかなか上達しないけど、しつこくやってます♪

ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします↓
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ にほんブログ村 ゴルフブログへ

カテゴリ
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • Royal Ashdown Forest Golf Club Old Course
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2011年11月05日 (土)
  • 21時28分04秒
by AlphaWolfy
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1522位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
89位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
Blog friend list

まるちゃんゴルフ (^^)/
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。