スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Battle of Britain Weekend


DSC08167.jpg

もう夏時間も終わってしまいましたね。忘れてしまう前に。

相方がロンドンに来て一番楽しみにしていたことと言えば、歴史、それも戦史に触れることができることだったそうです。考えてみれば、この国は戦争で成長してきたんだし、今でも戦争してるし、そういう意味では戦争が身近にあるということでしょうかね。
で、相方曰く、昨年は「英国にとって歴史上最大の転換点と言っても過言ではない」Battle of Britainの70周年を記念する歴史的な年で、今年はそのBattle of Britainの立役者(?)であるSupermarine Spitfireという戦闘機が誕生して75周年だ、ということで、イギリスは昨年から何かと戦争にまつわるイベントが夏場に行われました。私は全く興味無いのですが。去年連れていかれたDuxford Airshow(これまたBattle of Britain 70周年記念とかで、異常なほどの混み具合だった)では途中で疲れて芝生で寝てしまったし(ジェット機の爆音で起こされた)。

ともかく、今年も色んなイベントが目白押しでした。その一つがコレ。9月10日、11日の土日に開催された小さなイベント。

DSC08061.jpg

ロンドン北部のヘンドンには、かつて第二次大戦中に空軍基地があって、そこが今は王立空軍博物館(Royal Air Force Museum)になってます。この国は、こういった博物館はタダとする法律が制定されてるので、この空軍博物館もタダ。私が良く行く打ちっ放し練習場Metroの近くにあります。ウチから30分以内。タダとあって、相方はスキを見ては行ってます。ただ、博物館の駐車場は時間貸しなので、完全無料という訳ではない。

DSC08010.jpg

こういうイベントって、オタクの集まりなのかと思っていたのですが、驚くことに殆どが家族連れやカップル。
やはり戦争が身近にある国(戦勝国と言った方が適切か)なのだなと思ってしまいます。私たちは日曜に行きました。

最初にBattle of Britain Hallという建屋の横の野っ原に連れていかれました。何があるのかと思ったら、Spitfireが屋外に引っ張りだされてて、その隣の野外セットに当時のユニフォームを着た男女がいました。

DSC07965.jpg

相方の今日のお目当てはこれだったらしい。
まずは飛行機にかぶりつき。

DSC07968.jpg

パイロット役の人たち。なりきってます。

DSC07977.jpg

女性も。編み物したり読書したり、すっかりその気で当時を再現。

DSC07984.jpg

DSC08178.jpg

と、おもむろにサイレンが鳴って、この人がナレーションを開始。ここヘンドン空軍基地がBattle of Britainをどのように戦ったのかという説明。

DSC08182.jpg

すると女性陣、立ちあがって何やら演技を開始。

DSC07988.jpg

まだパイロットは余裕。紅茶飲んで新聞読んでます。

DSC08185.jpg

そこに緊急発進のベルが。皆椅子を蹴り倒して飛行機にダッシュ。右奥の人はもうかなりダッシュしてしまってます。一応、向かう先には彼の愛機が待っているという設定のよう。結局、彼は演劇が終わるまで奥の木の裏でずっと待機してました。

DSC07990.jpg

横に置いてある実物に搭乗できるのは一人だけ。彼が一番目立ってました。相方も「乗りたいなぁ」と。演技が終わるまで、コクピットの中の彼はずっと機内で右を見たり、左を見たり、上を見上げたり。大空で敵機と戦っている様子を再現しているようです。

DSC08193.jpg

女性陣はイギリス軍とドイツ軍の動きを逐次地図上に示しているらしい。

DSC07997.jpg

時間にして15分くらいかな。再現劇が終わると、観客がわらわらとキャストに近づき記念撮影&会話。相方はこういうの苦手なので、遠巻きに眺めてるだけ。手前のヘルメット被った子供、劇中もずっとセットにいました。

DSC08009.jpg

そのあと、その建屋の中に連れて行かれ、イギリスが如何にしてドイツ空軍の攻撃からイギリスを守ったのかというショートムービーを見せられました。

で、休む間もなく今度は向かいの本館に。

DSC08046.jpg

旧日本陸軍の戦闘機がこんなところに。

DSC08048.jpg

この辺のコーナーは既に何度も見ているので相方もそれほど時間を掛けずにスルー、と思いきや、本館奥の爆撃機コーナーに連行され、Avro Lancasterという爆撃機を背景に空軍音楽隊のオーケストラを聞かされ。

DSC08069.jpg

結構リアルな人形です。

DSC08107.jpg

その次は、子供に混じって(航空機がテーマの)3D Movieを見て、ようやく休憩。

DSC08136.jpg

丁度その日は地元のプラモデル愛好家による模型展がそこで開催されていました。で、相方はモデラーでもあるので、作品をかぶりつきで見学。一歩も動こうとしません。日本では住宅事情などからプラモデルを作れなかったのですが、本当は作りたいんでしょう。でも残念ながらロンドンの自宅も狭いのでプラモは作れないのだ。

DSC08111.jpg

そのあと、出口付近にあるショップで閉館時間まで粘り、ようやく帰れるかと思いきや、今度は最初見たコスプレショースクランブル再現劇をもう一回見学。セリフから何から、さっき見たのと全く同じなのに、最初から最後まで飽きもせず観賞。

DSC08152.jpg

確かに日本じゃ見れないんだけどさ。男の人って皆こんなものなのかね?


読んで頂き、ありがとうございます。
応援のクリックお願いします→

スポンサーサイト

テーマ : ロンドン
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やっぱり、、、どこでも寝てしまう人だったんだっ!

うちの旦那もそういえば、、、Inperial War Museum、自然史博物館に連れて行かれ、興味のない私はついて廻るのが退屈だったなぁ~~。
プラモデルも昔はよく作ってましたねぇ。今はどこへいったのやら~~??最近は老眼もすすんで、それどころではありません!(笑)
男の人のロマン!?ですかね。

Re: ひとりごとさま

そうなんです!寝なくても良い所ではすぐに寝れるんですよねー、授業中とか会議とかコンサートとか。。寝ないと!って思うと眠れない・・・。

あー、やっぱり旦那様お好きなんですね!以前に、お宅に銃火器が飾ってあった話を夫にしたら、うらやましそうな顔をしていました。

ロマンみたいですねー(笑)。

No title

じゃあ来年なんか大変なんじゃない?

エリザベス女王の即位60周年記念の年だから、多分イベント盛りだくさんだよ。
プロフィール

いろリん

Author:いろリん
LONDONに来て4年目。
毎週2回はラウンドしてる主婦ゴルファー。
もともとの運動不足のせいか、手や腰がしょっちゅう痛いです(ー_ー)!!
なかなか上達しないけど、しつこくやってます♪

ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします↓
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ にほんブログ村 ゴルフブログへ

カテゴリ
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • Battle of Britain Weekend
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2011年10月30日 (日)
  • 22時57分55秒
by AlphaWolfy
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2065位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
104位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
Blog friend list

まるちゃんゴルフ (^^)/
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。