スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Walton Heath Old


resize2769.jpg

以前、アレコレ文句を付けていながら、結局またWalton Heath Golf Clubに行っちゃいました。今回はOld Courseの方(20位)。

場所は前回説明したので省きますが、テムズ川より北に住む人にとって、ロンドン南部はヒジョーに行きづらい。
直線距離なら40キロ圏内なんですが、ロンドンは南北を縦断する大きな国道/高速道路が無いので、結局高速道路M25で大回りをすることになります。街中を走ってまっすぐ南に下っても良いのですが、渋滞がひどいし、あとテムズ川以南にはスピードカメラ(ねずみ捕り)が異常なほど多く設置されているのでとっても走りにくいです。M25も混むとどうしようも無いのですが、これまで色々と試行錯誤した結果、M25を使う方法が一番マシという結論になりました。

いや、もう無理して南に行く必要は無いんですけどね。ロンドンゴルフクラブなんて、遠いし道路は混むしで、もう絶対に行きません。

前回はスイスイ流れて何の問題も無かったM25ですが、この日は違いました。前回よりもちょっと時間が早かったのがいけなかったのかな? 通勤時間にぶつかってしまったようです。

9:28スタートなのに、到着したら9:15でした。トロリーを組み立て、靴を履き替え、プロショップで支払を済ませてコースに着いたらもう9:25分。既に後ろの組の人がスタートしていました。何故後ろの組と分かったか? この日のOld Courseは9:30まで2 ball(つまり私達が最後の2 ballの組)、9:30以降は3 or 4 ballというマトリクスになっていて、私達よりも前でスタートした組が3 ballだったからです。いや、でも、この3 ballはとても上手で、あっと言う間に見えなくなっちゃいました。年配の女性だったのですが、侮れません。

料金システムは前回説明した通り、平日は125ポンド、休祝日は155ポンドです。平日のみ、OldとNewの両方を同日中にラウンドすることもでき、その場合は合計で195ポンド。11月1日からは冬期間になるのですが、料金を見ると全く同じでした…。来年4月以降は10ポンド値上げするようです。

Old Courseは、1981年にRyder Cupが開催されたコースです。と言っても、本来は英国PGAの本拠地があるThe Belfryで開催する予定であったところ、Brabazonコースが出来て間もないことなどから開催できなくなり、棚ぼた的にお鉢が回ってきたというのが実態。

特徴としてはInland Linksということで、コースは非常にフラット且つワイド。木も多少ありますが、風景はこの通り河川敷リンクスそのもの。

resize2779.jpg

ヒースも確かに多いですが、フェアウェイでヒースに捕まることはありませんでした(↓の通りコースが広いので)。

resize2771.jpg

因みに、ヒースに捕まるとこんな感じになります。ボールを打つ方向は右。普通に振るとクラブは届きません。

resize2787.jpg

この日は本当に天気が良かったです。日差しが強すぎるくらいでした。写真もホラ、この通り。

resize2767.jpg

バンカーのエッジにヒースが密集しているのはSurrey州のお約束。手前のバンカーもそうだし、遠方に見えるガードバンカーもそう。ガードバンカーは若干ポット気味になっているので捕まるとちょっと大変かも。

resize2777.jpg

OldとNewの違いは殆ど無いと思ったんだけど、↓だけは唯一違うと感じたかな。これ、グラスバンカーです。ヒースというより、Gorse(ハリエニシダ)かな。これも結構コシが強くて出すの大変です。

resize2776.jpg

ヒースだけじゃなくて、普通のラフも結構あります。↓は何番か忘れたけどPar 3のコース。このコースのは短いけど、長くなると自分の膝丈以上の深さになっているコースもあります。多分、ヒースやGorseよりも、ススキのようになっているラフが一番厄介。自分の膝丈以上のラフになると、そもそもクラブが届かないから。2003年の全英オープンでTiger Woodsがいきなりボールをロストしたのはそのラフが原因(Royal St Georges')。その時の反省からか、今年の全英オープンではかなりラフが刈り込まれてしまっていましたね。

resize2773.jpg



馬を発見。平日優雅に乗馬とは、なんと豊かな生活でしょう。羨ましい。イギリスは素晴らしい国です。

resize2766.jpg

この日は英国プロゴルフ選手権(TP Tour Series)がここで開催されていました。↓はスコアボードの写真。

resize2781.jpg

今回ラウンドすることで、前回の悪いイメージが払拭できるかなと思ってたのですが、結果は大して変わりませんでした。Herbert Fowlerが設計し、Ernie Elsも褒めている(らしい)コースなのですが…。きっと、ゴルフの腕前がもう数段上がれば見えてくるのでしょうね。

言い忘れてたけど、もしこのコースを回る方がいらっしゃったら、クルマは奥の正規駐車場ではなく、手前の予備駐車場に停めた方が便利です。奥の正規駐車場はちょうどクラブハウスの裏手にあるのですが、プロショップからも遠いし、コースはもっと遠いから。

帰りのM25も激混みで、この日は疲れました。

誰か、相方がロンドン南部に行きたくならずに済むよう、ロンドン北部にSurrey州のようなヒースランドのゴルフ場を作ってくらはい。


読んで頂き、ありがとうございます。
応援のクリックお願いします→

スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ロンドン北部に住む私にとっては、ロンドン南部、、、なんて遠すぎます!!それにプレーフィーも、、、、、、。
明日からは冬時間に突入。
日没時間を考えてスタート時間を決めないと 最後までプレーできないのは悲しいよ~~~~。

Re: ひとりごとさま

ロンドンの南部は、M25の混み具合でずいぶん時間が左右されますよね。うちも、帰りは混むことが多くてやっぱりあまり行きたくないな~って思ってしまいます。あの辺はプレーフィーも高いですよね!
あー、もう冬時間か。。。。早いですね~。
早くMKに行かなきゃー!!
プロフィール

いろリん

Author:いろリん
LONDONに来て4年目。
毎週2回はラウンドしてる主婦ゴルファー。
もともとの運動不足のせいか、手や腰がしょっちゅう痛いです(ー_ー)!!
なかなか上達しないけど、しつこくやってます♪

ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします↓
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ にほんブログ村 ゴルフブログへ

カテゴリ
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • Walton Heath Old
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2011年10月29日 (土)
  • 15時00分11秒
by AlphaWolfy
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1805位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
107位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
Blog friend list

まるちゃんゴルフ (^^)/
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。