スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

St Andrews Old Course - The Home of Golf -

resize4168.jpg

案外、セントアンドリュースの予約方法が知られていないようなので、以下参考までに書いておきます。

我が家は2010年の4月にスコットランドに旅行した際、セントアンドリュースのOld Course(5位)をラウンドしました。

まず、Old Courseはパブリックコースです。従い、メンバーシップはありません。ハンディキャップ制限はあるものの、基本は誰でもプレイ可能です。

セントアンドリュースと言っても、Old Courseだけではありません。ここには全部で7つのコースがあり、全てSt Andrews Links Trustが運営しています。

一番有名なのはもちろんOld Courseですが、数年前にオープンしたCastle Courseも評判の高いコースです。

私が知っている限り、Old Courseの予約方法は下記4通りあります。手間のかからない方法から順に説明します。

1) ホテルに泊まる。
コースに併設されているOld Course HotelFairmont St AndrewsまたはRusaks Hotelに宿泊する。これはOld Course Experienceと呼ばれているシステムです。ネックは値段、とにかく高い。あと、3連泊とかしないといけないはずです。

resize4179.jpg

2) 事前予約する。
これはAdvanced Reservationsプロセスと呼ばれているもので、要するに普通の方法なのですが、この方法で予約可能なスロットは非常に少ない上に、前年の9月に翌年の予約申し込みが開始されるシステムなので、あっという間に予約で埋まってしまいます。

3) くじ引きに応募する。
これが一番ポピュラーな方法で、プレイ日の2日前に行われるくじ引き(Ballot)に参加する方法です。約半分のスロットがこの方法で割り当てられます。まず、希望するプレイ日の2日前の午後2時までに、+44 (0)1334 466666に電話して名前(人数)、所属クラブ名、ハンディキャップなどをオペレーターに口頭で伝えます。その日の午後にくじ引きが行われ、結果は4時過ぎにホームページに表示されますので、それをチェックして自分の名前があった場合は再度上記の番号に電話してチェックイン(予約確認)を行えば手続きが完了します。あとは、当日スタートハウスに出向いて代金を払い込むだけです。

我が家の場合、相方が電話でBallotを申し込んだのですが、オペレーターが昔ハットフィールド大学に通っていたそうで、私の所属クラブであるHatfieldの名前を聞いてとても喜んでいたそうです。それからしばらくオペレーターと雑談して仲良くなったのが良かったのか、運良く一発当選しました。ま、実際のところは、2名で申し込んだ場合は当選する確率が増えるというのが当選の理由のようです。

申し込み人数が1名とか2名の場合は、他の申し込みと組み合わせすることができるため、当選確率が高まります。逆に、4名で申し込むと確率が低くなると聞いたことがあります。

私達が2名で申し込んだところ、当選後の電話でのチェックイン時に、「他の組と組み合わせになっても良いか」と聞かれました。相方は特に理由もなく「No」と答えたらしいのですが、実際には下記4の方法をトライする人がいますので、当日に現場でスターターから再度「組み合わせにしても良いか?」と聞かれます。当日、衆目の前で「No」と答える人はあんまりいないんじゃないでしょうか。我が家も特に否定する理由が無いので快諾し、結果としてアメリカ人の元軍人(キャディー付き)と、かつてここでキャディーをしていたという若者の4人でラウンドしました。

4) 当日、現場で並ぶ。
これ、恐らく3人とか4人のパーティでラウンドすることは不可能だと思います。上記1~3の方法で予約された組に人数の空きがある場合(例えば3人で予約してある場合は1人分空きがある)、当日朝から並んで待っていたプレイヤーに先着順で組み込んでもらうものです。並んでも確実にプレイできる保証はありませんし、プレイできたとしても3人とか4人で来た場合はバラバラにされてしまうんじゃないかと思います。

あと、良く、旅行代理店でセントアンドリュースのOld Courseでプレイできるパッケージツアーが販売されているのを見ますが、これは恐らく上記の1か2の変化球なのではないかと思います。


Old Courseのハンディキャップは男性24、女性36です。ハンディキャップ制限を設けている他の有名コースに比べれば、これは甘いほうだと思います。パブリックですから、出来る限り門戸を広くしておこうという配慮なのかも知れません。

料金は4月~10月のハイシーズンで1人150ポンドと高いですが、この料金にはプレーフィーのほかに、ストロークセーバー(コースガイド)や巾着などのお土産が含まれています。冬は70ポンド程度と安くなりますが、フェアウェイマットを使用しなければなりませんので、これをどう考えるか次第です。フェアウェイマットを使う分、スコアが却って良くなるかも??

我が家の場合は、上記3のくじ引き方法を選択し、運良く一発当選しました。当選者リスト(スタート順の組み合わせ表)は、せっかくなので印刷して記念に保存してあります。相方の発音が悪かったのか、名前がちょっとおかしくなってますが。。。

元々は、もし抽選に外れたらその日はエジンバラ観光にでも当てようと思っていたので、特に外れた場合のことは心配していませんでした。周りのゴルフ好きの話を聞くと、抽選に外れた場合に備えて、事前にSt Andrewsの他のコースを滑り止めとして予約していたりするそうです。もしOld Courseが当選した場合は、この予約分は捨て金になっちゃいます(料金事前支払いなので)。運良く、Old Courseのスタート時間の割り当てが午後とか遅い時間だった場合は、この滑り止めのコースを午前中に回り、午後に本番Old Courseを回ったりするそうです。

因みに、Old Courseは日曜クローズです。なので、金曜の抽選は翌週の月曜分となります。
クローズと言っても、コース内には自由に入れます。そもそも、他のゴルフ場と同じく、オープンしている日であってもコースを散歩することが可能です(コースを横切る散歩道がある)。さすがにオープンしている時はプレーヤーがいるのでむやみに入りにくいですが、日曜はプレーしてないので、本当に自由。以前、日曜に立ち寄ったところ、観光客がコース内を自由に散歩し、記念写真を撮りまくってました。タダでプレーしようという不届き者はさすがに見かけませんでしたが。

あと、Old Courseの近くには博物館があります。ラウンドの前後に、是非時間を作って回ることをオススメします(開館時間に注意)。

ここまで書いたので、ラウンドした時のことを思い出しながらコースについてちょこっと書いてみます。

まず、クルマで来た場合、駐車場はOld Courseのスタート地点からはちょっと離れた場所にあります。そこに建っているのがSt Andrews Linksのクラブハウスです(↓の写真)。ちょうどOld Courseの2番ホールの脇にあります。ここには正規のショップが入ってて、結構品揃えも多いです。

resize4159.jpg

まずはこのクラブハウス内のレストランで腹ごしらえを↓。スコットランドでは良く見る朝食セットで、ハギスも見えます。

resize4170.jpg

このクラブハウスからOld Courseのスタート地点までは徒歩でも行けますが、バギーで運んでもくれるようです。1ホール半くらいの距離がありますので、バッグを担いで歩くと結構な距離になります。

クラブハウスというと、寧ろ↓をイメージするかも知れませんが、これはR&Aのクラブハウスで、一般人は入れないと思います。場所的にはOld Courseの1番ホールティーグラウンドの目の前にあるので、こっちに入りそうになりますけどね。因みにこのクラブハウスの左に見える小さな建物がOld Courseのスタートハウスで、支払はここで行います。

resize4153.jpg

スタートハウスで支払を終え、お土産セット(巾着など)を貰ったら、1番ホールティーの脇にある練習グリーンでパットの練習をしながら、その時が来るのを待ちます。↓の写真で緑の格子に囲まれたエリアが練習グリーンです。ちらほらと観光客が周りに立っているので、結構緊張します。

resize4173.jpg

緊張のあまり手洗いに行きたくなりますが、トイレは練習グリーンの脇、↓の写真に写っている建物の裏手にあります。なんと鍵が無いと入れません。建物正面の受付みたいなところで鍵を借り、終わったら返すというシステムです。

resize4187.jpg

立派な練習場もありますが、ちょっと離れています。

ちょうどこの年の全英オープンがここOld Courseだったので、コースでは観客席の設置作業が進んでいました。

resize4172.jpg

女性は6,032ヤードPar 76 (SSSも76)、男性はフルバックで6,721ヤードPar 72 (SSS 73)。コース設計者はMother Nature自身、つまり不明。ここでゴルフが始められたのが何時なのかについてははっきりとは分かっていませんが、少なくとも1457年以前には始まっていたそうです。というのも、イングランドがスコットランドを侵略している中で、臣下がゴルフに夢中になりすぎてアーチェリーの訓練を怠ってしまうことを危惧した当時のスコットランド王James 2世がゴルフ(のワラント)を1457年に禁止したことが分かっているからだそう。その後、スコットランド王がイングランドにゴルフの文化を持ち込んだことは以前のブログで紹介した通りです。

全英オープンがここで最初に行われたのは1873年で、これまでに合計で28回開催されています。

この日は風が殆ど吹いてなくて、コースの印象は正直に言って「ここ河川敷コース??」という感じでした。パッと見、このようにフラット且つワイド。コースが交差していたり、グリーンが他のホールのグリーンとの共有だったりで。途中、例えば6番ホールなどは目の前に大きなブッシュ(Gorse)があって、ティーショットをどこに打てば良いか分からないなんてのもありましたが、ラフも殆どなく、曲げてもまあ大丈夫でした(私達がラウンドした時期だけなのかも知れませんが)。

resize4154.jpgresize4158.jpg

グリーンは広大で、正直どこからグリーンなのか分かりません。同様に、ティーグラウンドも↓のような感じでどこからがティーなのか分からないような感じ。因みに↓の写真で右端にちょっと色が薄くなってるところは1番ホールのグリーンで、目の前、クリークの手前が2番ホールのティグラウンド。

resize4175.jpg

2番ホールのティーショット↓。右端に見えるGorseの先にフェアウェイがあります。

resize4174.jpg

そしてこれが名物の17番ホール。オールドコースホテル越えのティーショットになります。過去、ここで全英女子オープンが開催された時、確か宮里愛ちゃんが2回連続してホテル(=OB)に打ち込んだホールです。真正面に見える緑色の壁に書いてあるOld Course Hotelという字の、確か"d"を狙って打つようにと、ここでキャディをしていた同伴プレイヤーがアドバイスしてくれたかと思いますが、残念ながらそんな細かく狙えるような実力はありません。相方はここまでずっと順調だったのに、ここでホテルどころかホテルの駐車場まで行っちゃうような大スライスを打ってしまい、沈没

resize4176.jpg

いつか、一度は泊まってみたいホテルです。

resize4178.jpg

そして18番ホールに帰還。18番ホールのすぐ右脇には↓の写真で見える白色の簡単な柵を隔てて普通の道路が走っています。当然OBゾーンです。路駐スペースがあるものだから、大きくスライスなどしようものなら駐車している自動車に当ててしまいそうです。というか、その辺は一般の歩行者や観光客がいて、私達のプレイを見ているので、下手にシャンクして怪我させたりしたら大変です。↓の写真で真正面の人達が立っている場所は18番のグリーンです。因みに、この18番ホール右脇の道路沿いには、ゴルフウェアのお土産屋が並んでいます。St Andrews Linksの正規ショップじゃないような気がしますが、品揃えが豊富で侮れません。

resize4155.jpg

受けた印象はともかく、やはりゴルフの聖地ということで、イギリスに来たらやはり外せない場所でしょうね。

resize4184.jpg

というわけで、もう寝ます。明日もこんぺだし!!


読んで頂き、ありがとうございます! もう忘れかけてるけど、他のゴルフ場のことも思い出しながら書いてみようかな。

応援のクリックお願いします→にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ

スポンサーサイト

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いろリん

Author:いろリん
LONDONに来て4年目。
毎週2回はラウンドしてる主婦ゴルファー。
もともとの運動不足のせいか、手や腰がしょっちゅう痛いです(ー_ー)!!
なかなか上達しないけど、しつこくやってます♪

ランキングに参加しています。応援のクリックお願いします↓
にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ にほんブログ村 ゴルフブログへ

カテゴリ
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • St Andrews Old Course - The Home of Golf -
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2012年03月20日 (火)
  • 22時12分09秒
by AlphaWolfy
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2900位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゴルフ
152位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
Blog friend list

まるちゃんゴルフ (^^)/
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。